ビジネスシューズの選び方

###Site Name###

ビジネスマンの方は、仕事で使うビジネスシューズをどのように選んでいますか。

ビジネスマンの人でも外回りや立ち仕事が多い人、デスクワークが多い人などで靴の選び方が変わってきます。

ここでは、ビジネスシューズを選ぶ上でのアドバイスを行います。



まずは、足になじんでのびることを予想してサイズを選ぶといいです。
つまり革靴の特徴として、使っていると足に馴染んできて若干伸びます。

ですからサイズは、自分のスニーカーのサイズから0、5から1cm程小さめが目安となります。

スニーカーの時とはサイズの選び方が少し違うので注意しましょう。

ピッタリの革靴を選ぶポイントは、まずつま先に1cmほど余裕があって当たらないものを選んでください。


指の上部は軽く当たる程度です。


営業で外回りが多い人は長時間歩くことが多いので、靴底が減りやすくなります。

そうした場合、ゴムのものは減りにくいのでオススメです。
また靴底、ソールが曲がりやすいものを選ぶといいです。
しゃがんだり歩いたりが多いので、靴底の柔軟性がいいものがいいです。

適度に曲がらないものを選ぶと、足が疲れてしまいます。それと、足を差し込むフチの部分にクッションがついているものを選べば、歩いているときに足首に当たるので快適さが違ってきます。

デスクワークが多い人におすすめのものは、業務中に脱ぎ履きの多い人は紐なしのローファーかバックルタイプのものがベストです。

これなら、急な来客が来た時も困りません。
反面、ロングノーズの靴は脱ぎにくいので控えた方がいいです。
ビジネスマンの必需品といえばスーツです。

スーツをかっこよく清潔に着こなせるか、着こなせないかによって、取引先への印象が変わってきます。

名簿屋情報の豊富さで有名なサイトです。

ここでは、スーツをかっこよく着こなすために注意する点について説明します。

まず、ビジネススーツを着用するときにロングノーズの靴を履かないほうがいいです。

オフィスレイアウトの費用といえばこちらです。

最近では、ワニの口みたいな爪先の靴が、どの店にもズラっと並んでいるのを見かけます。


若いビジネスマンには人気の靴ですが、足が大きく見えて、ピエロっぽく見えます。


利便性を重視したISO27001の詳細は専用ホームページで紹介しています。

変な履き皺もきつく入ってしまうので、ロングノーズ過ぎない靴を選ぶようにしてください。

今、最も注目を集める図書館の名簿情報サイトを利用しましょう。

足元はコンパクトにまとめるのがいいです。

それから、派手なネクタイをしめるのは控えた方がいいです。

確かに、着こなしとしてはスーツやシャツが地味だとネクタイの色柄でアクセントを付けたくなるものです。


けれども、ピンクや赤などのビビッドなレジメンタル等のネクタイは合わせにくい上に、若干派手すぎます。

ビジネスの場では控えた方が無難といえます。
また、これも若者によくあるのですが、ネクタイを緩めにしめるのもやめましょう。
これは、だらしなく見える上にお洒落にも見えないのできちんときつくしめましょう。

さらには、ネクタイをゆるく締めている状態は、取引先の相手に対して失礼にあたります。


それと、ジャケットの着丈が短いものを着るのも駄目です。

最近は特に若い人の間では着丈が短めなスーツが流行っていますが、モードっぽくなりすぎるので避けましょう。

http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007Y206
http://news.livedoor.com/article/detail/11270114/
http://news.mynavi.jp/news/2016/01/21/216/